読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地下音楽工房

作曲やDTMについてのブログです

【機材レビュー】JBL Pebbles。評判通り安いのに音の良いUSBスピーカー

機材レビュー

http://jbl.harman-japan.co.jp/product/pebbles/gallery/photo01_1.jpg

 

DTMとは直接関係がないですが、普段使いのPC用にスピーカーを購入したのでそのレビューをば。

元々、聞ければ音なんて何でも良いというタイプである上、そもそもここ何年も音楽を「聴く」なんてこともなく、せいぜい作業中にBGMとして聞き流す、といった程度でした。


普段使いのPCではこれまでヘッドホンで音楽を聞いていましたが、これが装着感が悪く小一時間も付けていると耳が痛くなってとても付けていられない、といったシロモノで、もっぱらハウジングを反転させて卓上スピーカー代わりにしていました。

さすがにこれではあんまりだと思い始めたので、とりあえず何でもいいやとノーブランドの中華USBスピーカーを買いましたが、音がいまいちだったりケーブルが短かったりで、結局JBL Pebblesを購入しました。より安くて評判もいいLOGICOOL Z120BWも検討しましたが、常に視界に入る場所に置く「モノ」としては、Pebblesの方が質感が高く、燦然と輝くJBLのロゴも相まって所有欲を満たしてくれます。


正直、前述の中華スピーカーももちろんダメなりにそこそこな音が出てるんじゃないかと思っていましたが、Pebblesは音が出た瞬間からレベルが違ってました。音の厚みが全然違う。最初音が少し篭っているようにも感じましたが、すぐ慣れました。さすがに重低音という感じはありませんが、そういうジャンルの音楽でなければ特に低音が足りないと感じることはないと思います。

PCとはUSB接続となりASIO対応はしていないのでDTM用途には向きませんが(外部入力があるのでオーディオI/Fからの出力を繋いでスピーカーとして使うことは可能)、ある意味ウン万ウン十万する高級モニタースピーカーを使って音楽制作しても、現実問題としてPCで音楽を聞く人のほとんどはせいぜいこのクラスのスピーカーでしょうから、ユーザー環境の再現という意味でも一本持っていても決して損のない買い物だと思います。